ゴールデンバーグ

事業紹介

ホーム > 事業紹介 > 検品・統合試験業務

検品・統合試験業務

SMT・基盤検品ライン

回路開発設計・プリント基板のパターン設計から製造に至るまで、一貫した電子機器の開発、製造体制を敷いています。


LPWA用専用ラジオコミュニケーションアナライザーを導入

IoT向け通信技術LPWA(Low Power Wide Area)用の通信デバイス用に専用のラジオ コミュニケーション アナライザ を導入しています。全てのLTE Cat-M1機器とNB-IoT機器の評価に対応しています。

各種無線端末のRF送受信試験機能と擬似基地局機能を一体型にした測定器です。今回機能強化を図り、LTE Cat-M1機器とNB-IoT機器のRF送受信特性(信号の出力レベルや周波数エラーの許容範囲など)と最大スループットの評価を実現しました。

携帯端末(UE)開発向け無線通信テスタ

3GPP/3GPP2の全セルラ通信方式のRF送受信試験に準拠

■LTE/LTE-Advanced、Cat-M1/NB-IoT、W-CDMA/HSPA、
 GSM/EGPRS、TD-SCDMA/HSPA、CDMA2000/EV-DO

・LTE-Advanced Downlink Carrier Aggregation(CA)5CCs SISO試験に対応
・E-Advanced Downlink CA 5CCs 4x4 MIMO試験に3台で対応
・VoLTE音声/ビデオエコーバック試験に対応
・上限周波数6 GHzまで対応
・160 MHz帯域幅(送信/解析)
・MT8820シリーズとの互換性

pagetop